かわいそうな男にフェラチオしてあげる。

女性もえっちな妄想をしてもいいんです。

○○フェチ/熟女のお部屋

かわいそうな男にフェラチオしてあげる。
2021年07月07日 15時15分
DUGA

「どうせ俺なんて……」

 居酒屋で飲みはじめてから何度目か分からないそのセリフを、幹夫はつぶやいた。また、女に振られたらしい。これで、大学に入って5人目の玉砕だ。

「ウジウジしないの」
「だって……」
「だってじゃないよ。そうやって、自信なさそうにしてるからモテないんだよ」
「自信なんて持てないよ。人生で一度も、女の子と付き合ったことないんだよ。拒否され続けてる人生なんだよ。自分はダメなやつなんだって思うしかないじゃん」

 イラつきを通り越して、だんだんかわいそうになってきた。確かにいろいろ思い出しても、幹夫に浮いた話はない。

「真理子には、どうせ分からないよ。何人もの男に言い寄られる女にはどうせ……」
「分かったわよ。わたしが、自信付けさせてあげるわよ」
「え? どうやって」
「いいから、こっち来て」

 立ちあがり、幹夫の腕をつかむ。そして、女子トイレに連れて行った。「ちょ、ちょっと……」と幹夫はボソボソ言っていたが、無視した。個室に入り、鍵を閉める。

「あなたのことを拒否する女ばかりじゃないって、分からせてあげる」
「ど、どうしたの?」
「いいから、黙ってて」

 幹夫のジーンズとトランクスを膝まで下ろす。皮をかぶったペニスが姿を現す。

「包茎?」
「仮性だけど……」
「なら、問題ないわ」

 皮をやさしくつかみ、上下にしごく。柔らかくて小さかった肉棒が、みるみるうちに勃起していく。

「気持ちいい?」
「うん、すごくいい」

 亀頭から我慢汁が出てきて、手が少し濡れる。これ以上は膨張しないという大きさになったところで、手の動きを止める。しゃがみ込み、思い切り口を開いてペニスを咥えた。

「あはぁ」

 なんとも情けない声を幹夫は出した。顔を上下に揺らしはじめると、ハァハァと息を荒くし、目を細めている。

「あぁ、こんなの初めてだよ」

 そう言う幹夫をもっと気持ち良くさせてあげようと思い、顔の動きを加速させる。同時に、右手でペニスの根本の皮をいじる。そのとき、いきなり幹夫は射精した。粘つく液体が、口内にほとばしる。痙攣が終わるまで待ったあと、肉棒から口を離して、便器に精子を吐いた。

「ちょっとぉ、いくときは言ってよ」
「ごめん、気持ち良すぎて、突然出ちゃった」
「もぉ」

 幹夫は脱力しきった顔をしている。

「ちょっとは自信ついた?」
「うん。でも、エッチしてくれたら、もっと自信つくんだけど」
「だめよ、わたしは彼氏いるんだから」

 幹夫は不満げな表情を浮かべたが、「ま、それもそうか」と言って笑った。

「彼女つくって、その人としなさいよ」
「うん、頑張る」

 そう言ってジーンズをあげる幹夫が、以前よりも男らしく見えた。

この体験談がよかったらいいねしてね
0
«
»
この体験談を読んだアナタにおすすめ